「何」を売るか<<<<「誰」に売るか

ネットビジネスに取り組もうとしたとき、最初に多くの人が悩むこと。

 

 

それは、「何を売っていこう?」ということですね。

 

burogu

 

実際私も、何も知らない頃はめちゃめちゃ悩んでいました。

 

 

じゃ、わたしが解決してあげようじゃないか(´・ω・`)。

 

 

それね、あんまり重要じゃないよ。(笑)

 

 

あんまりどころか、ぜんぜん重要じゃない。

 

 

「売れやすい商品を探せ」とか、そういう情報も多く出回ってるし、

知識が無い時期っていうのは、ここを重要視しちゃうんだろうね~。

 

 

最初はそこにフォーカスするんじゃなくて、

「誰に売るか」を考えてください。

 

 

どんなことに悩んでいる人を、自分が助けてあげられるか。

いわゆる「ターゲット」ですけど、こっちを明確にするべきですよね。

 

じゃあ、今回の登場人物はヨシコさんね。

 

ヨシコはあまりにデブでモテないから、痩せたい・・・って思ってるわけですよ。

 

そこへ、「情報商材売りてぇ!!」って意気込んだあなたが

「ヨシコ。この商材買わないか?稼げるんだぜ!」って言ったとします。

 

ヨシコの反応はもうお分かりですよね。

 

「は?いらねえよ」ってなるわけです。

 

やや設定に無理がありますけど、

ターゲット選定をミスってるとこういうことになります。

実際はこんなに単純ではないのですが、まずはざっくり理解してください。

 

最初から「誰に売るか」をわかっていれば、その人にアプローチすればいいわけです。

 

「何を売るか」を考えるのはその次です。

 

結局、お金を支払って買うかどうかを決めるのはヨシコ次第。

 

あなたが「痩せたい人にダイエットサプリを売ろう!」と考え直した結果、

 

あなたがやるべきことは、ヨシコ(肥満に悩む人)にダイエットサプリの魅力を伝え、

痩せてキレイになるとどんな素敵な未来が待っているのかを想像させることです。

 

 

「アンタ・・・それ欲しいわ!頑張ってみる。ありがとね!」

 

 

1つ、この「伝える」というのは、また別のポイントになってきますので、

「魅力的に伝える方法」というのも、後日ご紹介しますね_(:3 」∠)_

 

次回の記事完成しました ⇒ 「伝える力」の威力 

 

 

われわれ商人には絶対不可欠な知識ですので、お見逃しなく。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)