ゲームから学んだマーケティング

ども!!(*^▽^*)

 

いやあ、

前回の記事でブログランキングへのリンク張り忘れてました、完全に。

みなさんご報告ありがとうございます!!

 

さあ、今日はいよいよ私まいまいのゲーマー魂が炸裂しますよ。

 

ゲーマーって現実世界ではすごい怠けてるイメージ持たれやすくて、

「そんな無駄なことに時間使うな!」って何度も言われたことがあります。

 

 

しかし・・・ですね。

 

 

わたしはゲームからも、ビジネスの戦略を学ぶ機会があったのです。

 

 

 

わたしがPCのオンラインゲームで2つ目にハマったそのゲームの名前が、

TalesWeaver(テイルズウィーバー)というゲーム。

(ちなみに初めてハマったのはメイプルストーリー)

 

Tales.Weaver.full.379905

 

現在はわたしがハマっていた当時とかなり変わっているんですが、

始めたのはまだ小学生・・・だったかな。

 

小学生の頃からマーケティングの感覚を研ぎ澄ましてきたわけじゃないですよ。

 

少しずつビジネスに興味を持ち始めると同時に、気づきました。

 

「ゲームの世界でも一緒だ」って。

 

TalesWeaver(以降、テイルズと言います)は、

自分の持っているアイテムとお金を取引できる

フリーマーケットというシステムがありました。

 

フリマが開ける町は決まっていて、

普通の店では手に入らないアイテムを求める人は必ずこのフリマを訪れます。

店はたくさん開かれてるので、すべて回るのは時間もかかります。

フリマの画像を公式サイトで見つけたので引っ張ってきました。

fig_others03_01

って・・・・

 

 

えええぇえええええええええええ!!!!!!

 

 

なんと!?!!!!!!!!!!!!!

 

 

まさかの・・・

今日まさにこの物語の主人公である、

マクール(私の父キャラクター名)のお店がwwwww

fig_others03_01

 

もう10年近くも前のものですが、

まさにこれ、わたしの父が出している商店です。(笑)

(父は別にゲーマーではありませんが、テイルズだけは唯一ハマったそうですw)

 

 

すごい、動揺を隠せません(笑)

 

 

こんなこと・・・あるんですね・・・

 

 

まあ、本題に戻りましょうか(笑)

 

 

このように、ピンクの吹き出しは自由に書くことができます。

画像からも、何を売ってるのかなどを書いてるのがわかりますね。

これを何も設定しないと、「●●様の商店」という風に表示されます。

 

そう。

 

最初は父も未設定の「マクール様の商店」でフリマを始めるわけです。

 

いらなくなった装備、たまたま手に入れたレアアイテムなど、

売っているアイテムは常に入れ替わります。

 

今で言う「コンビニ」のようなお店だったのですが、売り上げはボチボチ。

 

やはりゲームの世界でもお金は大事ですから、

あまり売れない時っていうのはお店としてもガッカリします。

 

そんな状態が結構続いたんです。

 

そして、この「売り上げ」が大きく変化する出来事が起こり始めます。

 

相変わらず売れない店を続けていたマクール(父)は、

一定時間ごとにしか現れないボスモンスターを倒すのにハマっていました。

 

どうやらそのモンスターから稀に「サングラス」が手に入るそうで、

かなりのレアアイテムなため、それを手に入れたい一心で

 

晩ご飯もそっちのけでボスモンスターを倒しに行っていました

(家族の絆に亀裂が)

 

ちなみにそのボスモンスターはこちら。(クノーヘンと言います)

B_monster_2

サングラスは最後の最後まで一度も手に入ることはありませんでしたが、

 

代わりに、テイルズをやっていく中で必ず必要になるアイテムである

「玉」がたくさん手に入ります。(まあ宝石のようなものです)

 

その「玉」の種類もたくさんあるので、

もうどうにかして処分しないと玉でいっぱいになってきたのです。

 

「マクール様の商店」に並ぶアイテムが、

装備などではなく、処分のために並べた「玉」だらけになり始めます。

 

この当時、家族全員がテイルズにハマっていたのですが、

そんな「マクール様の商店」を見たわたしが

 

「ねえねえ、お店の名前【マックの玉屋】にしたら?」

 

と、謎の提案をします。

 

その日から、「玉」しか売っていないマクールの

「マックの玉屋」がスタートします。

 

 

いつも同じ場所で、いつも同じ店名、いつも玉を売っているお店です。

 

 

先ほども言いましたがこの「玉」は、

テイルズをやるうえでは必ず必要になるアイテムです。

 

・・・それからわずかして。

 

「マックの玉屋」は、瞬く間に有名店になります。

 

 

売り上げもダントツ、

さらには「マックの玉屋」のパクリ店も登場しました。

(店名も一緒だったので衝撃でしたがww)

 

 

もう「玉といえばマックの玉屋だよね」というレベルのブームです。

当時は特にこの変化を疑問に思いませんでしたが、

「マックの玉屋」は誰もが知る有名店になったわけです。

 

さて、

 

マクールはこのように、「全然売れない店」から

急速な成長を遂げて「最も有名な店」にまで上りつめたわけですが、

 

 

あなたはこの理由がなんだか分かりますか?

 

 

当然、お店のネーミングも考えられるでしょう。

他のプレイヤーは画像の通り

「何を売っているか」を書いたものがほとんどですよね?

fig_others03_01

当初の「マクール様の商店」なんて、

もはや何を売っているかもわかりませんが(笑)

 

 

「マックの玉屋」という独特なネーミングも少なからず影響しています。

 

 

ですが、最も大きな原因はそこではありません。

 

 

なぜ多くのプレイヤーが他の店からではなく

「マックの玉屋」から玉を買うようになったのか。

 

 

それは、

 

 

専門店だったからです。

 

 

他のプレイヤーを見ても分かるのですが、

当初のマクールと同じ「コンビニ」タイプのお店がほとんどです。fig_others03_01

装備も売っていれば、ときどき何個か「玉」も売ってる。

そういうお店ばかりだったんですね。

 

 

一方、「マックの玉屋」は、当然ですが玉しか売っていません。

その代わり全種類の玉を取りそろえ、在庫も豊富。

 

 

「玉」を求める人が、

わざわざいろんな店を訪れて玉を探すなどするはずがないのです。

 

 

「玉」ならいつもこの場所で、この店で売ってるじゃないか。

 

 

もはや「マックの玉屋」以外で玉を買う理由がなくなっていたのです。

 

 

もっと言えば、別に「玉」でなくても成功できたんです。

「マックの薬屋」でも成功できます。

 

肝心なのは「専門店かどうか」なのです。

 

 

いかがですか?

 

 

・・・面白いでしょう!!!!(笑)

 

 

この現象は今このネットの世界でも起きていて、

いわゆる「キュレーションサイト」などが栄えていますよね。

「化粧品の口コミ情報だけ」をまとめたサイトもそうです。

 

化粧品の情報が欲しいのに、

「ゴルフクラブと、化粧品と、スポーツウェアの情報をまとめたサイト」

なんて別に見ないじゃないですか(笑)

 

 

「マックの玉屋」が栄えた理由はそこにあったのです。

 

 

当時は「わたしのネーミングのお陰だな!」とか言ってましたが、

ビジネスはやはり、もっと深かった。

 

 

以上、

ゲームの世界でも「売れる仕組み」を学んだというお話です。

 

 

ああ、今日の記事は一段と楽しかった(笑)

 

 

ちなみにこのテイルズですけど、

プレイ中に流れるBGMが本当に素敵です。

途中からもはや曲を聴くためだけにログインしてました(笑)

CDも買いましたし、今でも聞いてます(笑)

それくらい曲も有名になったゲームなので、聞いてみてください。

 

(わたしの一番好きな曲は【こちら】に貼っときます)

 

この記事の感想やコメントなど、お気軽に(*^▽^*)

それでは、また。

 

\ぽちっ!/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)