世のため人のためを考えなくていい

こんばんみ。

 

亀田の柿の種をつまみながら(飲み物は水)、ブログを書いております。

 

%e6%9f%bf%e3%83%94%e3%83%bc

 

いきなりなんですけどわたしは「世のため人のため(に働く)」っていうのがちょっとよくわからなくて(笑)

 

 

まだ起業していない頃に「まいまいは何をして世のため人のために役立つつもりなの?」というようなことをよく言われたのを覚えていますが、

 

 

その時からハッキリとはしませんが、何らかの違和感を覚えていました。

 

 

「え、そんなバカでかいことしなきゃいけないの?」って思いました。

少し人が良すぎるんじゃないかとも思いました。

 

 

その人も起業していて人間的にも素晴らしい人なのですが、

わたしは正直「自分のためでいいんじゃないの?」と思いました。

 

 

だっていきなり「世のため人のため」って言って始めることは、

わたしにとって、例えばこういう風に映るんですよ。

 

 

自分は幸せではないけど多くの他人を幸せにする!!

 

 

・・・いやいやまてまてまて。

まず自分やろ!まず君が幸せになってくれよ!ってw

 

 

ビジネス系アフィリエイトの世界なら、

 

 

わたしはアフィリ収入全く無いけどあなたを稼がせます!

 

 

みたいなこと言ってるようなもんですw

いやいやまず君が稼いでくれよ!ってツッコみますよねw

 

「自分のため」を素直に認めていいと思うんです、私。

 

わたしは幸せです。だからあなたを幸せにすることができます。

わたしはアフィリで月50万、安定して稼いでいるので、あなたにもその方法を教えます。

 

ってことが可能になるわけじゃないですか。

 

まあ実際このまんま言ってたらちょっと直接的すぎるんですけど(笑)

 

自分のためにやった事・できた事って単に私利私欲を肥やしているだけの価値しかないのかというと、全くそうではありません。

 

 

結局それが徐々に、身の回りの誰かのため・遠くのあの人のため、とどんどん大きくなっていくもんだし、

 

 

世のため人のためって言えるほど、人間そんな立派か?って思うし。

 

自分が成長すれば同時に、誰かも成長させることができますからね。

 

たくさん稼いでる人間に対して「寄付しろよ」とか騒ぎ立てるネットユーザーもそう。

「いやお前がやれよ」ですよ。

 

でもなんでしょうね、日本人は「自分のため」だと言い切らない傾向にあるそうです。

(どこかの経済ニュースで海外の企業が、世のため人のためっていう日本の理念が理解できないっていう記事を読んだ)

 

勝手に「自己中だ」っていう認識を持ちやすいのか知りませんけど、

 

 

「いや自分のためですよ(ドヤァ)」のほうが潔くてカッコイイでしょうw

 

 

だからまぁ、自分のためでいいと思います。

 

 

無理に自分を押し殺して「社会のため」って言っちゃってるならそれは・・・

こっそり書きかえといてね・・・

 

 

そんじゃ。

 

 

\ぽちっと押してね!/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)