就職 VS 起業

どうもこんばんは。

 

最近、ブログの更新は必ず毎日というわけには行ってませんが、

メルマガの配信をまもなくスタートさせるのでお許しください(´・ω・`)

 

んじゃまぁ、登録ページの一部をお見せしておこうか・・・w

(ゲーマー感を最大限にアピールしています)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-36

お楽しみにね!

 

今日は、わたしが高校生~ニートの期間で地味に悩まされた2択のお話。

 

 

就職 VS 起業 です。

 

 

具体的にはイメージしていませんでしたが「起業したい!」という思いは高校生の時からありました。

 

ただ、就職という選択肢がハナから無かったわけではなくて、

「就職してから起業するべきか?」って感じで、就職を1つの通過点にするべきかどうかを悩んでいました。

 

起業でネットサーフィンしてるとほぼ必ず、就職っていうワードもセットで出てきますよね(笑)

 

 

ま~よく悩んだもんですけど、

実際就職しないまま起業してみて、これでよかったなって思ってます。

 

 

というか、わたしが就職してもきっとすぐ辞めてますからねwww

 

 

そもそも悩んだ理由は、

まだ自分が世間の常識に囚われていたことが一番デカいかな~。

 

特に悩んだ学生の時は、周囲に「起業するぜ!」っていう人いなかったし、

自分が皆と違う選択肢を選んだことに対して、少なからず圧迫感を感じたのは覚えています。

 

ニートの時も、「起業したい」って思いは学生の頃より強くなっていたのに、

世間の常識から少しだけ足を引っ張られてたために、実際に動き出すのに半年以上かかったかな~。

 

したいことが分からなかった(アフィリエイトも名前くらいしか知らない)から、

最初はどこかのベンチャー企業に潜入してみようとか思っていたんですが、

(スタートアップ企業で働けるマッチングサイトもあります)

 

会う人会う人、自分の思っていたキラキラした起業家とは違って、堅苦しい印象を与えてくる人が多かったな~。

 

まあそんなに多く会ってませんけど、魅力的だと感じた人はゼロでした。

 

しかも、同じ起業家だというのに、

 

 

「就職したこともないのに起業するの?」

「スタバ(当時やってたバイト)で一回店長でも経験するべきだよ」

「今からでも大学行ったら?」

 

とか言ってる人もいたな~。

 

 

わたしは心の中で、誰かに背中を押してほしかったんでしょうけど、

まあ・・・誰も押してくれませんでしたw

 

でもこの発言、わたしを逆に燃え上がらせることになります。

 

ひとまず就職しないと何か問題でもあるのか・・・・?

スタバで店長・・・?わたしはカフェを開業したいわけじゃないんだぞ・・・・?

 

世の中には、別に大学に行かなくても就職しなくても起業して成功を収めている人もいるのに、

なんで自分はこんなことで迷ってるんだよ、ってw

 

まあそうやって、自分とは合わない起業家にも触れながら、コピーライターになるわけなんですけどね。

 

いきなり起業ってわけには行かなかったけど、これがわたしにとって第一歩になるんだな~。

だからわたしは迷わず起業することをススめる。

 

アルバイトですら学べる事だらけでしたけど、結局仕事にストレス感じてたら意味ないですし。

 

「まずは就職」っていうのは、今後起業するためのいわゆる下準備として経験するわけですよね。

「経営の知識を身に着けてから」とか口実はいろいろありますが、

それって起業してから失敗する確率を少しでも減らすためですよね。

 

以前の記事でも何度か言いましたが、

 

なにかをやるうえで失敗って必ずあると思うし、

失敗から学べることのほうがよっぽど多いし、

なにより成功する確率とか失敗する確率とかどうでもいいんですよね。

 

サイコロで1を出したいときに、1が出る確率を気にしてたってしょうがないです。

1が出るまでやればいいし、そのうち1が出やすくなるコツとか感覚もつかめてくるかもしれません。

 

ってまぁ、起業はむしろスタートなんですから、気軽にいきたいですね(´・ω・`)

 

少しでも参考になれば。

 

それではオヤスミィ!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)