努力と頑張りは自由を遠ざける?

多くの人は努力とか頑張りを美徳と考えていて、その姿勢を評価する傾向にあると日々感じます。
成功するにも「努力しなければいけない」
何かを成し遂げるにも「頑張らなければいけない」
というように・・・よく聞きますよね。

 

わたしは基本的に「努力」と「頑張る」というフレーズを使いません。なんか好きじゃないのでw
でも否定するわけでもありません。自分には考えられないほど練習を積んでいるスポーツ選手などを見ると感動するし、美しいと感じるし、試合で負けたとしても「よく健闘した!」などと言ってます。

 

それはいいとして。
場合によっては、一般的に言われるほど努力や覚悟は必要ないと思います。
あなたがもし「自分は頑張っている」と思うなら、それは多少なりとも無理をしている状態です。
忙しかったり精神的に息苦しい感覚があるはずです。
たとえば、生活の自由度を上げたかったり、仕事第一の忙しい生活から解放されたいという思いで起業しても、頑張っていたら恐らく続きません。
そもそも人間は何年もノンストップで努力し続けることはできませんからね。
きついし、どこかで必ず止まったりしてしまうものです。

 

頑張っていると感じる時は、自分にこう問いかけてみてください。
「これは自分のやりたいことか?」
おそらく、心からそうだ!とは思えないはずです。
学生のとき、やる意味がわからなかった勉強をがむしゃらに続けるのは苦しかったように、
今あなたが頑張っていることは、心から好きなことではないでしょう。

 

成功者は努力していると言われますが、それは第三者から見て勝手にそう評価しているだけで、
当の本人は楽しくて夢中になっている場合がほとんどです。
自分が努力している、頑張っているという感覚が無くて、ただ好きでやってます。
あなたも、自分がやりたくてやっている時に「頑張っている」とは感じないように。

 

雇われて働いていた時は、言われたとおりに頑張っていれば給料は出てました。
でも起業家とかはどれだけ努力しても骨を折っても、結果が、成果が出なければ収入もゼロです。
なので、時間と労力を割いただけの努力は重要ではないのです。
自由、目的のものを手に入れるまでは、努力より結果を重視すべきだと思います。

 

p.s.先日の成人祝いに、欲しかったBaccaratのペンダントをもらいました。
ハート型でさらに薄いピンクなので、マダム感も無く自然に目立ってくれます(笑)
愛用しているもう一つのペンダントと日替わりになりそうです。

 

\ぽちっと押してね!/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)