「批判」をすれば簡単

こんばんはー、今日はしっかり更新していきますよ(*^▽^*)

 

ではさっそく。

 

おそらくわたしたちは毎日、
誰かの発した「批判」を耳にするか、
あるいは自分が「批判する」ということがあるでしょう。

 

thumb150ml_preview

 

クリティカルシンキング=物事を批判的に捉える習慣をつけたり、
実はビジネスの中でも「批判する」というのは1つの戦術であったり。

 

わたしも事あるごとに、心の中で批判しています(笑)

 

批判する人っていうのは、「自分に何かしらコンプレックスがあって
それを認めたくないがために他人を攻撃する」
といった心理もあるみたいですが、まあそれは置いといて。

 

実際、批判するとラクなんですよ。

 

「その水は美味しいよ!」って言われるより、
「その水は毒入りだよ。飲まないほうが良いよ
って言われた方が、ちょっと恐怖心煽られるじゃないですか。

 

批判すると、対象を一気に蹴落とすことができるので、
ビジネスの世界ではよく使われているのを目にします。

 

「批判してライバルを蹴落とせ」という風に言う人もいます。

 

これ、戦略的には有効ですよね。
対象のデメリットを並べて批判すれば、
自分の事を信じてくれる読者は「そうだそうだ」って言ってついて来ます。

 

わたしは「批判」はもっと臨機応変に使えるものだと思ってるんですが。

 

だって、批判ばっかりしてる人ってつまらないじゃないですか(笑)
学校に1人はいる、いつも他人の悪口言ってる人ってイメージです。

 

結局は自分のところに来てもらえるように発信してるのは分かるんですけど、
最終的に判断するのは読者(お客)さんですから。

 

そんなに血眼にならなくても、自分の信念についてきてくれる人は必ずいます。

 

「いつも批判」は読んでいて気持ちのいいものではありません(笑)

 

ただ。
自分が、大切にしている読者やファンに対して選んでほしくない選択肢とか、
共有しておきたい考え方とか、あると思うんだけど。
そうなった場合は、素直に自分の思いを伝えるべきです。

 

これが、批判の使い時です。

 

たとえば、
わたしはギャンブルっていうのを基本的にはおすすめしません。
もちろん、ギャンブルはいいところもありますよ。
わたしはスマホでパチスロが出来るアプリ入れてますけど、
やっぱり中毒性がありますからね(笑)
演出とか、音とか、あらゆる心理を刺激されます。
(課金はしてません)

 

実際パチンコにお金をつぎ込む人って山ほどいるじゃないですか。
お金も時間も有り余ってて、息抜きくらいのレベルなら何も問題ありません。

 

でも「賭けた分より増やしてやるぜ!」という気持ちでやってる人のほうが
圧倒的に多いでしょう。

 

それでも私がギャンブルをすすめない理由は、
そこに賭けるお金をビジネスの資金にまわしたほうが、
将来的にもっと大きなお金になることを知っているからです。

 

・・・

 

これも今、さりげなく批判していますよね?
わたしは「批判」にも、テクニックがあると思っています。

 

敵も認めつつ、自分の思いを伝える。
頭ごなしに否定するよりも圧倒的に、

 

こっちのほうが「気持ちのいい批判」だと思いませんか?

 

別にライバルを蹴落とすために頑張る必要はありません。
自分の信念を伝えることが最も重要ですからね(笑)

 

ちなみに、批判されるのって少数派なことがほとんどです。
お金持ちか貧乏かで言えば、お金持ちのほうが叩かれてるイメージ。

 

いつの時代も、少数派って叩かれるんですよ(笑)

 

だから仮に自分がどんなに批判されようと、
むしろ喜べるメンタル(ドM)を身に着けると、また楽しくなります(´・ω・`)

 

今回は以上です。

 

まとめますと、

 

・「批判」をうまく使うタイミング
・「気持ちのいい批判」
・批判される=キモチイィ!!!というメンタル

 

でした(*^▽^*)

 

\ぽちっと押してね!/


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)