少数派に飛び込むクセ

こんばんは(*^▽^*)
今日は少し遅めの更新。

 

ちょっと最近思うこと。

 

日本の年収階層グラフによると、年収1000万以上の割合は、男性は4.9%、女性はたったの0.6%という結果になっていました。

 

sala-g-kaisou-26

統計元:平成26年 民間給与実態統計調査結果

さらに、男性で見ると最も多いのが年収300万円台(18.3%)。
(女性は年収100万円台が22.1%で最多)

 

男性なら約80%が、年収600万円までの間に詰まっています。

 

それで満足している人もいるかと思いますが、
こうして見ると、いわゆるお金持ち層というのは、かなりの少数派ですよね。

 

しかし彼らが少数派なのは、収入だけではありません。

 

成功者が残した数々の名言を見てもわかる通り、
彼らは人を引き込む思考力や人格を持っていますし、
行動もまた”普通”ではありません。

 

お金の使い方、時間の使い方、人との付き合い方すべてにおいて、少数派なわけです。
・・・・これ、真似すればいいじゃんね。
真似しちゃえばいいんです。

 

高級車を乗り回すとか、いきなりそんなことをして見栄をはらなくてもいい。
もっと日常的に、「多数派がとっている行動をあえてとらない」という習慣をつけてみてください。

 

今は自宅で好きな音楽聞きながらノリノリでブログ書いてますけど、
わたしは基本的に作業をカフェでやってます。

 

ちょっと前までは、家から50歩くらいのところにあるスタバで。

 

学生街なのでいつも混んでいて、席間隔も狭く居心地がいいわけではありませんでしたが、
ただ「近いし、いいや」とそこで作業してたんですね。

 

(客もだいたい常連で、電源席はいつもほぼ同じ顔ぶれw)

 

近いから移動にお金がかかりませんし、コストは最小限。
しかし、これが引き起こしてしまったのは毎日がルーティン化してしまうということ。

 

いつも同じ景色・刺激も無しで、まるで機械的でした。
(店員と仲良くなったくらいです)

 

それからですね。わたしのカフェ巡りが始まったのは。
目黒・渋谷・原宿・銀座・六本木をメインに、
電源のあるカフェをリサーチして色々と開拓しています。

 

別にスタバに限っていないので、食事もしちゃうこともしばしばあります。
これってお金がいつも以上にかかりますし、確かに家計直撃なんですけど。

 

学べることはそれ以上にあります。

 

なぜこの店はこんな立地なのに賑わっているのか?
これだけ長居してる客いるのに利益出せてるのか?
ここは銀座なだけに客層が違うな・・・

 

完全に職業病が出てるかもしれないwww

 

まあもっと単純に、毎回違う景色を見るっていうのは刺激になって楽しいんですよ。

 

問題はお金ではないんです。

 

ただ、こうやっていろいろな所へ飛び出すとお金がかかっちゃうので、
もっとお金が必要なんだな、ということも実感させられます。

 

それから、食事のお金を気にしないようにもなりました。
これはお金があるからではありません。わたしはまだ貧乏ですw
だけど「あぁ、ちょっと高いな、どうしよう」などと悩む時間を作らないことを選びました。

 

友達と食事に行っても、細かいところは出します。
「わたしがいくらで、あなたがいくらで・・・」という動作は、
わたしにとってはつまらないことです。

 

「わたしが出すよ」と言うのが一番早い(笑)

 

それまでは誰かがまとめて出すのを待っていたし、
ちょっと自分が出す金額が少なければ「ラッキー」くらいには思ってました。

 

問題はお金ではないんです。(2回目)

 

お金を使わないように努力するのではなく、お金を使い、
お金が必要な状況を作るという性格に変わったのです。

 

そうなったことで圧倒的に、毎日が楽しくなりました。
悩む時間が減り、すべての時間が有意義だと思えるようになりました。

 

大多数は、「問題はお金だ」と考えます。

 

だから食事も安ければ安いほどありがたい、色々な事を安く済ませようとする。
これが多数派です。
じゃあ、これからわたしたちが「問題はお金ではない」と考えたら?
食事はおいしくて価値を感じるものは高くても構わない、
自分を磨くためならお金を出し惜しみしたりはしない。
に、変わっていきます。

 

お金を生み出すために何が必要なのかを考えていく。
この時間をより多く作るようにするためには、
常に多数派とは違う行動をとることを意識してください。

 

では。

\ぽちっと押してね/


1件のコメント

  1. まいまいちゃん?今日も納得の内容に頷きながら読みました!
    もちろん少数派の時間の過ごし方、お金の使い方を目指しています。
    そうなった時の自分をイメージしながらね(^-^)/

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)