記事の低質化に思うこと

キュレーションサイトの普及。
NAVERまとめとかMERYの登場。
最近は誰でも手軽に記事を書いて、
それをメディアに掲載することができるようになってます。

 

コピーライターも仕事の単価は安くなっていて、
私に案件を引っ張ってきていた方も「価値ある仕事なのに安すぎる」と
ブーブー言ってました。

 

スマホでもPCでもよくネットサーフィンしてますが、
広告とかまとめサイトを目にしない日はありません。
日常のいたるところに記事が溢れかえってます。

 

Yahoo!ニュースとかスマホで見たりしますが、
タイトルで釣って記事の中身はカス・・・
といったものが多く、記事の低質化を感じる。

 

私の場合コピーライターやってても完全に自分の好きなようには書けませんでしたが、
クライアントから提案される構成案の時点でカスなので、
正直な話、わたしもカス記事をたくさん書いた(笑)
ここでも低質化を感じるわけだ。

 

「質が低い」っていうのは、言葉遣いや言い回しが正しくないとか、そういうことなくて。
単純に読んでてつまらない記事のことです。。

 

「驚愕!1週間で5kg痩せた●●とは?」

 

同じようなタイトル、同じようなキャッチコピー、商品のいいところばかり並べた本文。

 

オリジナリティで勝負しないところに差別化も何もありません。
「こう書かなければいけない」という決まりはないのに、
多くの人は「正しい書き方」を求めます。

 

だから「売れるコピーライティング術」・「必ず入れるべき文章」などなど、
参考にするならまだしも、すでに世に出回っているテクニックを使ったところですでに飽和してます。

 

そういった「流行りのテクニック」を使わなくても、
多少言い回しがおかしいとしても、
「単純におもしろい記事」が強いんです。

 

テンプレートを使ってしまうと、ありきたりのつまらない記事になります。
あなたが普段から何気なく興味をそそられて開いてしまう記事は、
ブックマークなりしておくといいかもしれません。

 

自分がその記事になぜ興味を持ったのか、
その記事はどういう書き方をしているのか分析してみてください。
文章のどこかに必ず「興味性」が含まれているはずです。
わたしはこの「興味性」が文章を書く上で最も重要だと思っていますし、
これが学ぶべき不変の基礎です。

 

決してタイトルだけで興味を引いて、
中身がスッカスカの記事にはならないようにね。

 

文章力を磨きたいなら、テンプレート的なテクニックを学ぶのではなく、
もっと本質的な部分を学ぶべきだと思うね。

 

文章を読む側の心理的な部分とか、本能的な部分の意味で。

 

で、白紙に自由に絵を描くように、好き勝手書いてください。(笑)
基礎となる知識も、今後わたしが少しずつ記事にしていきますので、参考にしてみてくださいね。

 

それでは。

いつもありがとう、ポポン!!!!(よく見るといるw)

スクリーンショット (29)

\ぽちっと押してね!/


2件のコメント

  1. まいまいちゃん!
    今日もピンポイントで核心を突く記事に、そう、そうですよね〜と
    思いながら読みました。これからのアウトプットに大きく期待しています。
    そして!着実にランキング上位に食い込んでいますね〜スバラシイ
    これからも応援しています*\(^o^)/*

    1. 個性のない文章が多い今だからこそ、わたしたちは私たちなりの本音を書いていきたいですね。
      いつもありがとうございます(*^▽^*)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)