勉強しすぎるとバカになる

こんにちは~。

 

いやぁ、今日は東京ものすごく暑いです。
雨の日が続いてる間は肌寒いくらいだったんだけど・・・
まだまだ30℃前後いってるみたいですねえ。

 

今日はコピーライティング!!!お話ししようかと思います。

 

わたしは基本的に、コピーライティングのスキルを上げるために、
テンプレート的なテクニックを勉強することはおすすめしません。

 

「売れる書き方」・「お客の反応率を上げる方法」などなど、
知っててもいいし、ある程度型を覚えるのも大事だけど、
そのまま使いまくったところで個性が潰れるだけなので。

 

わたしがコピーライターやってて、
最初の方はコピーライティングに関する情報も集めたりしてましたけど、
あんまりテクニックを意識して文章書くと・・・
凝り固まったつまんない記事になるんですよね。
いっつも言ってますけどw

 

依頼されて書いた記事を見返しても、
知識は増えてるはずなのに逆にバカになった気分さえしますw
(あえて広告色を強く出す場合もありますが)

 

コピーライティングのスキルなんて、
テクニックを軽~く見て、存在を知っておく程度で十分です。
いつでも使えるようにね。

 

別に正しい書き方なんて無いし、
「売れる」と言われているテクニックを使うだけ使ってる凝り固まった記事よりも、
自分の思ったこと・感じたことをひたすら書いた文章のほうが効果あります。
(広告色の強い記事に対しては、もう少しフォーマルな感じも大事だけどね)

 

自分の思ったこととか感じたことってのは、
「自分にしか書けない」から重要なんですよ。

 

たとえ文法がちょっとおかしくても、
それは100%オリジナルで、役に立つ。

 

テクニックを使いまくった記事なんて、勉強すれば誰にでも書けます。
テクニックよりも、読みやすさを意識したり、
自分で読み返してみたりして少しずつ磨きをかければいいわけで。

 

と、ここで私が過去最高に爆笑した記事をご紹介。
(押したらリンクできるので読んでみてね)

http://manato-kumagai.hatenablog.jp/entry/2016/01/22/161105

ついつい読み進めてしまう、リズム感のある面白い文章ですよね(笑)

 

どれだけ常識はずれことでも自分が本当にそう感じたなら言うべきで、
そういうところに共感する人だって必ずいますからね。
あなた自身の言葉だから意味がある、価値があるわけ。

 

テクニックよりも、
日常の出来事から「自分が何を感じるか」っていう感性の部分のほうが重要。

 

自分にしかできないことをやっていきましょうね。

 

p.s. わたしが6年間くらいお世話になったFPSオンラインゲーム「ペーパーマン」がサービス終了するというニュースを聞いてびっくり(´・ω・`)

 

一番好きだったショットガン(winchester)を無駄にアピールして終わりますw

%e7%84%a1%e9%a1%8c

では。

 

\ぽちっと押してね!/

 

 


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)