それ、誰のせい?

こんばんは!

 

Yahooのトップニュース見てたらこんな記事が。
筆者の前置きもあるので、
今回は私が注目したポイントだけ見ていきますが、

 

本文では
一昔前のように「若者は働けば自立でき、働きさえすればまともな生活ができる」
という労働万能説の時代は終わり、
今や大卒であれ高学歴であれ、普通に働いても生計を立てるのが困難な時代だ、と説いています。

 

それに対するコメントたちです。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-52

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-53

 

「高齢者に金を使いすぎ」っていうの、同意できる部分はあります。
でも、このコメントたちに共通している「あること」に気が付きませんか?
このタイプの話題はよく荒れているんですけど、
いつも決まって「あること」が共通しているなと思うのよ。

 

「正社員から外れたらそれでアウト」
「オリンピックに使う金があるならこういう事を対策してほしい」
「精神論や根性論でなんとかなる話ではない」

 

どれも環境のせい。他人のせい。政府のせい。
自分以外の誰か、あるいはどうしようもない環境のせいにしてるの。
まるで「自分ではどうしようもできないこと」であるかのように。

 

わたしは正社員どころかバイト止まり(それすらも続かない)でしたが、
別にアウトでもなんでもなく、むしろそのお陰で今の自分がいるし(笑)
政策を改善しろと言う前に自分が変わるほうが簡単だし。

 

だってまあ、環境や他人のせいにするのは簡単ですけど、
そうすると自分は救われたような気がして何も行動起こさなくなりますからねー。
しかも環境とか他人が変わるのって超難しいし、すごく膨大な時間がかかるし。

 

本当に心の底からそれを解決(改善)したいと思うなら、
自分のせいにしなければ始まんない。これ鉄則です。

 

で、類似した事件が起きました(笑)
先日江ノ島の花火大会に行ってきたんですけど、
電車だったのでまぁ・・・こうなります。

20161015_085242842_ios

20161015_085311627_ios

人間の圧力で爪まで折れる始末でした。
深爪につき今も治療中w

 

電車もかなり遅延していたのと、
あまりの混雑でしばらくホームから動けなかったのですが
後ろにいた男性2人が
「クソ迷惑じゃねぇかよ」と言っていたのが聞こえてきました。

 

きっと花火には行かない地元民(?)だったのかもしれません。

 

これ、この状況から抜け出したいなら・・・あなたならどうしますか?

 

「おい、ホームにいる奴ら邪魔だから全員駅から出ろ!!!!」でしょうか。
「タクシーで行こう、車で行こう(電車以外の方法で行こう)」
「こういう日もあるよな。適当に話して待ってよう」

 

・・・どう考えても、一番最初の選択肢は不可能ですよね。
しかも、そんだけ文句言ってる彼らも、結局そうするわけでもなく、
いつまでも文句を垂らしてるだけなんですよ。
精神的にイライラするだけだというのに(笑)。
わたしはこの人ごみが新鮮で逆に面白かったのですが。

 

その状況をいかに、精神衛生の良い状態で、
できるだけストレスフリーで過ごすかを考えれば、
「他人に対して文句を言う」、
「他人や環境を変えようとする」
これは超絶ナンセンスだってこと。

 

わたしが人間関係や人生において一番重要視してる要素の一つです。

 

このブログでも何度か記事にしていますが、
自分以外の何かを変えるよりも自分を変えるほうがもちろん簡単です。

 

でも他人のせいにしてれば、自分を変える方法を考えないのです。
こうして思考停止しちゃってる間は、
いつまでも他人にイライラばかりしています。

 

それよりも、
その状況からどうやって抜け出せるかを考えれば、
いちいちネガティブになる暇なんてありません。

 

将来的にどちらが変化できてるかって、
当然自分のせいに出来る人です。

 

\ぽちっと押してね!/


1件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)