時間とお金の投資

先日「起業したい!」というサラリーマンの知り合いから連絡が来まして。
それは全然いいんだけど、ちょっと考え方変えないと・・・
わたしだけの力ではまずどうしようもできません汗

 

「会社が忙しすぎて起業のことを考える余裕がない、時間がない」
彼から連絡が来るときはたいてい会社の愚痴かこんなことです。

 

わたしは掛け持ちで勤めていて時間が欲しかったとき、
どれだけキツくあたられようが働く時間をできるだけ減らしていました。
休みの日に「出て!」って言われても聞き分けた記憶がありません。
働かないぶんお金もありませんでしたが、
空けた時間を使ってお金を生み出せたわけですから、
会社のせいで時間がないとか言うんじゃなくて、
何が何でも時間をつくることに注力するべきだと思うんですよねー。

 

それに、投資する意識が壊滅的にありませんね。
これは彼だけじゃなくて、「あーこの人このままじゃ・・・」
って感じの人は総じて投資力がありません。。。
投資はお金もそうだし、時間もね。

 

先行投資はわたしが最も重要だと考えている能力の一つです。
そもそも「何がわからないかもわからない」状態で、
何も投じず自分で手探りでやっていくなんて、
たぶんわれわれが想像しているよりもっと恐ろしく時間がかかります。

 

それでも何年も遠回りすることを選ぶ人が多いんですよ。
まーわたしもそっちタイプだったこともあるのでよーくわかります。
「何も掛けなくてもいつか追いつける。自分で見つけられるはず。」
そう信じてるんですよね、わりと本気で。

 

けど現実は、
品川から新大阪駅まで新幹線で行くか徒歩で行くか、くらい違いますから。
「高いから・・・」って徒歩を選んでいるようなもんです。

 

わたしの感覚では投資って、時間を買うことなんですよ。
例えば「LP作りたいけど自分にはその技術がない」として。
そうなったときにお金を出して専門の人に作ってもらえれば立派です。
でも「自分でプログラミング勉強して作れるようになろう」なら、
前者とくらべてかなり時間がかかります。
お金は抑えられるかもしれませんが、時間がかかるんですよ。

 

もひとつ、ピカソの面白い例があって。
ピカソが似顔絵を描いてほしいと頼まれて、
わずか30秒で見事な絵を描き上げるんですよ。
客は「それで、いくらだい?」とたずねます。
ピカソは「1億だよ」と返すと、
客は「高いだろう!たった30秒なのに!」と言いました。
そのあとピカソは笑いながらこう言います。
「わたしが絵を勉強してきた30年と、30秒だよ」と。
つまり嫌なら30年でもかけて自分で描くがいい、ってことです。

 

こんな大きな取引はそうそうないと思いますけど、
1000円出して本を読むにしたって、理屈は同じです。
そのお金を出さないかわりに自分で見つけ出すってなると、
何か月、下手したら何年も損することになります。

 

まあたくさん例を出しましたが、
時間はお金と違って戻ってきませんからね・・・
ちょっとおやつを節約したり、バイトしたりして、
多少の軍資金くらいは準備しておくべきですね。


 

今日、カルディで買ったキムチ冷麺食べたんですけど、
キムチスープの旨辛さがいい!!
あまり辛いものはすすんで食べないのですが、
これ、また食べたいって思いましたもん。

 

写真撮ってなかったんですがコレです。

豚肉いれて、あとは麺の上にカイワレとか野菜を乗っけて、ゆで卵ものせて。
まさにパッケージ通りのキムチ冷麺になりました(笑)
お試しあれ。

 

\ぽちっと押してね!/


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)