資格を取ることが自由とは無縁だったという

おはようござい!

 

先日Twitterのフォロワーから質問というか相談がありました。
20代の主婦さんで、時間に余裕があるため何か新しい稼ぎ口が欲しいと思ったのだそう。

 

しかしその手段として、彼女が最終的に考え付いたのは
「資格をとる」ということでした。
(学校には通えないため、やるにしても独学で)

 

これから先なんの資格をとるべきなのか、
独学でも資格をとれるのか、
飽き性でも勉強を続けられるのか・・・

 

ちょっと前に自分も同じようなことを考えたことがあるのを思い出しました。

 

ネットで「資格一覧」を調べては、
この資格を持っておけば就職に有利かもと考えたり、
これを持っておけば稼げるだろうかと考えたり。

 

資格を取って仕事を貰おう、
そう考える人は以前の自分や質問者の彼女も含めて結構いると思いますが、

 

これは何を目的にするかによって資格が必要か必要でないかがハッキリします。

 

たとえばこれから
金銭的・時間的にも縛りが無いような自由な人生を送りたいというなら、
資格は必要ないというか、取ったところで実現は不可能です。
「人に使われる」という発想そのものを捨てる必要があります。

 

でも「暇つぶしに、一時的なお小遣い稼ぎ程度に」なら、
資格をとるにも適当に勉強してお小遣いを稼げばいいだけですし、
そこを迷う必要はありません。

 

彼女は後者でした。

 

起業は才能が無いから無理、
やってみたとしても飽き性だから続かない、
何かに夢中になりたいけど、
今は暇つぶし程度でいい。

 

彼女自身がそれで幸せならいいです。
いろんな資格を手探りで漁ってみて、
勉強していて楽しいと思えるものを選ぶべきです。
何がいいかとか、それは重要ではないことも伝えました。

 

でも当然、私としてはすごく勿体無いというか、大きなチャンスを見逃しているなと感じました。

仮に半年程度かけて資格をとったとしたら、
同じ期間で起業して月100万超えする人だっているわけです。

 

しかもそれは会社に拘束されたり、人間関係に悩まされたりすることなく、
時間を好きに使って仕事にも夢中で打ち込んだ結果です。
彼女が持て余していた「暇」という概念もありません。

 

彼女の場合は時間に余裕があるという有利な環境にいるのに、
そういうチャンスが目の前に、いつだって目の前にあるのに、
「才能が無いから無理」という何の根拠もない魔法の言葉だけで諦めてしまうんです。
だからもはや、選択肢に起業なんて無かった。

 

そこまで行くと、Twitterというその場だけで「起業が大きなチャンスを秘めている」っていう事を伝えるのは難しい。
少なくとも自分からその事実に気づいて、興味を持つことが必要です。

 

貪欲なわれわれの求めるような生涯を通した自由なら、
もう、資格が必要ないことはわかりましたよね。

 

今日はそれを話したかったのであった・・・

 

それじゃあ、今から近くをお散歩してきます。
また次回、お会いしましょう!

 

p.s.我が家に新しい家族がやってきました・・・
ティミー君です。この悪そうな顔がたまらない(笑)
%e5%86%99%e7%9c%9f-2017-01-06-18-40-48

 

\ぽちっと押してね!/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)