自分のプロフィール記事がいかにクズだったかを語る②

こんにちはー昨夜お知らせしたとおり、
先日書いた記事の続きです。

 

ブログの運営始めてから何度かプロフィールは改変したんですけど、
いくつかの型を意識して書いてくうちに読者の反応めっちゃ変わったし、
「プロフィール読んで共感しました!」とか、「ファンになりました!」
的なコメントとかも頂くようになったし。
・・・少しずつ上方修正されてるってことですねw

 

この記事のPart①は『なぜプロフィールがブログで1番大事な部分か』
っていう前提知識の話をしてるので、
この記事に入る前に読んでおいてください。
Part①を読む

 

で。Part②は実践的なお話です。
過去にアップしていた羞恥のプロフィール記事と比べながら、
反応が変わるプロフィールの書き方を解説します。

 

長くなるので、もくじ作っておきました。
見たい項目に飛んでもOK!

--MENU--

 

 


 

 意識①:読んでて退屈になるNGプロフィール 

まず大前提として、プロフィール書く上でのNG事項。
これやっちゃう人多い(というか私もそうだった)んですけど、
読んでて退屈する&もはや著者についていけないという悲惨な結果になります。
結果、プロフィールで信頼も好感も得られず、
一生懸命書いたブログ記事すら読まれないまま終わるっていう。
それが何かと言うと「自分の言いたいことを書いてるだけ」な記事です。
これを知ってから自分の改変前のプロフィール読み返したら、
書いた本人が退屈するっていう実体験もしていますw

 

で、(悪い意味で)いい例なのが、わたしの改変前のプロフィールね。
この調子でわたしが延々と自分の人生を語ってますw

「自分の言いたい事を書いてるだけ」ってどういうことかって、
自分主体になってるってことなんですよ。
自分がああでこうで、って延々と語ってる。

 

ちなみに権威のある人だったり、実績ある人だったり、
変わった人生送ってたりすると、これでも面白かったりします。
でもわたしらのような個人は、現時点で上がるべき土俵じゃないです。

 

主体は自分じゃなくて「読者」ですからねー。
ずっと自分主体になってると、校長先生の長話を聞いてるような、
ほんっとうに退屈な思いをするので・・・・w

 

それから改変して、自分の趣味とかそういうことは、
箇条書きにしてまとめてます。(ちなみにブレットって言うよ)

あんまり長々かくのは本当につまんないので、箇条書き。
改変前に比べてなかなかスッキリした導入になりましたね。

 

 意識②:堅苦しいのは読みづらい 

文章って、そこにも筆者のキャラクターが現れますよね。
意外にも個性が出る部分でもあるんですよ。

 

例えば、学生のときに沢山世話になった教科書。
あの文章を読んで、筆者に興味がわいたことあります?
この人のこともっと知りたい!ってネットサーフィンしたことは?
・・・たぶん無いんですよね(笑)
ゼロではないかもしれませんが、限りなく少ないはずです。

 

それより、話し言葉のほうがいいですね。
他人のブログもよく見に行きますが、
文章に感情がない&すごい機械的な口調の人、たくさんいます。
退屈なんですよ。それを好む人もいるかもしれないですが。
普段のしゃべりがそのまま文章になってる、くらいの勢いでOK。

 

極端な例ですが2chの方が読んでて面白いんですよ。
「クソワロタwwww」とかねw
さすがにここまでやらなくていいですけど、
あまり畏まりすぎず、普段通りの口調を意識してみてください。

 

あ、ちなみに顔文字使いまくりとかは、
落ち着きのない印象を与えがちなので注意。

顔文字は感情を示せるので便利なんですけどね(^_^;)
ことあるごとに使う必要は全然ないです( ̄▽ ̄;)
人によってはうっとおしい(-_-)と思うかもしれませんから(;´Д`)

 

やっぱりなんかウザいな・・・(笑)
そう、「(笑)」とかでいいんですよ。
ほどよいスパイスになると思います。

 

 実践①:プロフィールの構成 

すごく単純化して作ってみたんですが、
面白いプロフィールを書いてるひとは、
大体この構成要素が含まれています。
(セールスのテクニックと似てます)
わたしのプロフィールもこの要素を意識して改変し、
読者の反応も高めてきたので参考になるかと。

 

1.読者の注意をひく
2.ここにいる理由&ゴールをイメージさせる
=自分の信念を伝える
3.それが手に入る理屈を理解してもらう
4.読者の不安を払拭&背中を押す

 

プロフィールに書く順番もこれでいいです。

 

1.読者の注意をひく

効果的なのはプロフィール画像。これは間違いない。
そもそもなぜ注意をひくか、興味をもってもらうかって、
「その続きを読んでもらうため」ですからね。
画像でなければキャッチコピーやタイトル。

 

それにPart①でも言いましたが、
顔出ししてる人ってあんまりいないので、
そこを積極的に開示できるのは強いですよ。
(ちなみにプロフィール画像は改変前からこれですw)

または、そのブログのコンセプトを連想するような画像。
例えば「会社辞めて自由になるブログ」だったら、
旅してるときの写真とか、自由にやってる写真とかね。

 

2.自分の信念を伝える

「何をやってるか」というのはほとんど誰でも知ってます
でも「なぜやってるか」これに答えられる人はほとんどいない。
-Simon Sinek(優れたリーダーはどうやって行動を促すか)

 

これね・・・わたしのだいっすきなTEDのセミナーの一言!w
まあそれはいいんですけど。

 

さっきも言いましたが、われわれ個人の場合は、
信頼というものがないんですよ。知名度も。
だから自分の趣味とかばっかり言ってても話にならないw
自分の考え、信念、理想、価値観。
内面もさらけ出して信頼を得るしかないんですよね。
自分が内面を見せなければ、読者が見せてくれることもないです。

 

あと。
自分が目指すゴールを共有するのもめっちゃ大事です。
自由になるとか、恋人をつくるとか。
同じゴールを目指す人が共感してくれますからね。

 

3.それが手に入る理屈を理解してもらう

これがあると最高ですね!70点満点ですw
極端な話ですが、読者は幸せになりたくて訪問してきてるんですよ。
Youtuberがアホなことしてる動画を視聴者が見に来るのも、
それを見て元気が出たり、楽しい思いができるから見に来るんです。
自分らのブログだって一緒です。
わたしの改変前の記事でいうとこの部分。

 

4.読者の不安を払拭&背中を押す

 

だいたい、お金を稼ぐことやダイエット、恋愛系というのは
なぜだか胡散臭いもんなんですよ。
「そんなうまい話あるわけない」ってブロックが掛かってるんですね。
だから読んでるうちに「怪しい」ってバツボタンされることもよーくあります。
ここでどれだけ不安を拭ってあげられるかが重要ですね。
ここは改変後の記事を見てみましょうか。

読者だって、本当は興味あるのに、
怪しいからって行動できないんですよ。
だから不安を拭ってあげて、背中を押す。
そうすれば読者も偏見無しに自分で判断できるようになります。


 

プロフィールの基本的な構成&意識すべきことは以上です。
で。忘れちゃならないのが、
「絶対に自分の本音で話す」ってことですね。
本音の乗ってない文章って、読めばわかるのでw
「本音で話す」大前提で、この書き方を使ってください。

 

わたしの現在のプロフィールは→こちら


p.s.最近お散歩は朝からやっています。
それも、お散歩ではなく「運動タイム」にグレードアップw
縄跳び、キャッチボール、バドミントン、フリスビーなどなど、
毎朝1時間くらい走り回って遊んでますw

 

いつもより早起きなので、健康的だし1日も長い!いいですね。
フリスビーはこれ、ほんとによく飛びますw

 

ではではおやすみなさいー

\ぽちっと押してね!/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)