「東京に行ってみたい!」→半年後に引っ越した夫婦

わたしの身近にCちゃんとT君という夫婦がいます。
2人とも自分でビジネスをしています。
まあ、わたしの両親なんですけど。
(Cちゃんはわたしと妹が生まれてからは専業自宅警備員です)

 

わたしと妹が地元大分県の高校を卒業してから
いよいよ肩の荷がおりた2人。
Cちゃんはド田舎大分県に飽き飽きしたのか、
元ニート娘が心配なのかは知りませんが
「東京に住みたい!」と言い出します。

 

それからすぐに物件探しが始まり、
(何度も部屋を見に東京に来てましたw)
半年後には本当に東京に住み始めてしまいました。
なんという速さでしょう。

 

ブログで何度かお見せしていますが銀座近くのタワマンです。
住み始めてまだ1年経っていませんが、
1年経ったらさらにグレードを上げて引っ越すそうです。
引っ越してきてからは毎日新橋のおいしいランチを探し求めて、
運動も兼ねて2人で歩いて行ったりしています。
引っ越してからすぐオーストラリアに住んでいる妹に会いに行き、
先日はラルクの25周年記念ライブにも家族で行ってきました。
その後すぐ夫婦で沖縄へ行き、
2人の間でブームのスキューバダイビングを堪能していました。
要は自由です。

 

これは2人が会社に勤めていたら実現することは無かったと思います。
東京に住みたいという思いはあったとしても
簡単に会社から離れることはできないでしょうし、
転職するにしても年齢的に厳しい。
そんなに自由に駆け巡れるほどお金がないかもしれません。
東京でまた働くとなると、毎日ランチに出歩くほど時間もないでしょう。

 

会社に依存せず自分で収入を生み出せることの良さを実感させられます。
場所に縛られず自分で稼ぐことさえできれば、
別に東京でなくても、沖縄の離島でもどこでもいいわけです。

 

地震や、最近で言えば北朝鮮のミサイル問題など、
非常事態においてもすぐに行動することができます。
(危険を感じたその日に都心から離れたアフィリエイターもいるそうです)
でもそういう即座の決断・行動というのは、
収入が決まった場所や会社に依存している場合は難しいでしょう。
どこでも働けてどこででも生きて行けることはかなり強いです。

 

p.s. まいまいのお散歩がどんどんグレードアップしてきました。
今回届いたのはトランシーバーですw

自転車でお散歩するときは2人で行きますが、
彼のチャリがガチすぎて結構距離があくので、
遠くなっても話せるように、ということで。
(スマホの充電は使いたくないので、通話ではなく)
デザインも軍用みたいで面白いですw

 

トランシーバーもつけて、
おやつとレジャーシートも持って、
バドミントンセットも持って、
それらしい所まで行ってきました。

 

想像以上に風が強くて難しかったですが、
正直めちゃくちゃ楽しかったです。
自転車が届いてからほぼ毎日乗ってます(笑)

 

今度はフリスビーとサッカーボールが届きますw
モノが増えていく・・・

 

\ぽちっと押してね!/


「東京に行ってみたい!」→半年後に引っ越した夫婦” への2件のフィードバック

  1. おはようございます。
    ブログランキングから訪問しました。
    行きたいところに直ぐ行ける、
    会社に依存せず自分で収入を生み出せる・・
    素晴らしいですね。
    会社勤めの私のは目標です。
    私もアフィリエイト始めたばかりです。コツコツ諦めず続けて収入に繋げて行きたいと思っています。

  2. まいまいさん、こんにちは。
    狐寺です。

    ご両親…なんて自由な…(^^;)
    「金持ちかっ!」って、
    ふつーな突っ込みを入れたく
    なります。

    が、そうなんですよね。
    それがふつーな世界がある
    って事ですよね(笑)

    サイクリングは段々重装備
    になっていきますね。
    その内にバイクになって、
    車になって、キャンピングカー
    になって…(笑)

    でも、それもできちゃうのが
    「自由」のいいところですよね。

    応援していきます。
    また、立ち寄らせていただきますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)