老後が心配です!?

二十歳になってから国民年金の案内などが来るようになって、
あまりその仕組みを知らなかったのでいろいろと調べていました。

 

年金が貰えない!とか年金制度に対する批判はよく目にしていました。
(わたしもその辺は義務ではなく自己責任で行かせてくれと思ってますし)
でも、こういうシステムに頼るのはすごいリスキーだなと思います。
受給年齢は先日60歳から65歳に引き上げられて、
また最近、70歳に引き上げる案が出てます。
それ以上になっても不思議じゃないですね。
もう、将来貰えるかどうかなんてどうでもいいなあ。
そもそも貰えない前提で、税金として納めていくつもりです。
そのほうが「貰えるかどうか」なんて心配しなくて済みますし。

 

先日郵便局の窓口で用を済ませると、郵便局員さんが
「若いうちから老後のために貯蓄しておきませんか?」
「いつ病気になるかわかりませんし」
「老後が心配でしょうから是非」
~などと案内をかけてきたんですよ。

 

世間一般的にはやはり老後のために貯金するのは当たり前のようです。
そういえばわたしは全然心配してないなぁと思ったんですけど、
よく考えればそこには自分なりに明確な理由がありました。
仮に1000万2000万と貯金したところで老後が「安心」とは言えなくないですか。
やっぱり漠然とした不安は必ず残ると思います。
それに、そんなことを心配ばかりしてる毎日はなんだか楽しくないし。

 

急に働くことができなくなるかもしれないし、
めちゃくちゃ長生きするかもしれないし、
お金の価値が突然下がるかもしれません。
その可能性が無いとは言えません。
結局将来のことなんてわかりません。
1年先のことすらわかりません。

 

だから貯金を頑張ったり、給料を上げようと頑張ったりするのはあまり最適な方法だとは思わないのです。
そんなに心配だったら収入源をいくつもつくったり(リスク分散)、
働けなくなるかもしれないなら権利収入とか自動収入が生まれる仕組みを作ったり、
自分で稼ぐスキルを身に着けたりしたほうがよっぽど安心すると思います。

 

貯金してるお金は減るしかありませんが、
わたしはそのお金を今すぐ引き出してリスク分散と自動収入を作るために投資すれば、
無限ATM的なものを自分が持っている状態をつくれるなと思うんですよね。
そんなのばかばかしい、貯金したほうがいいというならそうすればいいと思いますけど、
「ギリギリの生活をして少しずつ貯金する」という方法以外もあるということは知っておいて損は無いです。

 

p.s.先日、遅めのホワイトデー貰いました。
世界一売れてるくらいのゲームMinecraftのケシゴムなんですけど…
絶対消しゴムとして使いたくない(笑)
これを選んでいる姿を想像するとほほえましいですね。
わたしのデスクの上に飾っています。

 

\ぽちっと押してね!/


老後が心配です!?” への4件のフィードバック

  1. まいまいさん

    はじめまして。狐寺佑太と申します。
    人気ブログランキングから来ました。

    老後の心配ですか…。
    嫌な話題です。

    何か特殊なスキルを身に付けた(る)
    人は良いのでしょうけれども。

    新入社員が「懲役40年」とか
    言ってしまうマインドが身についてしまう
    教育とか、そもそも年金が危ないとか言ってる
    政治とかがマズすぎるぞ日本…。

    って感じはします。

    極端な話、お金っていつ紙束になっても
    おかしくないんですものね…(^^;)

    とても興味深く読ませていただきました。
    また、立ち寄らせていただきます。

    応援ポチしていきますね!

    1. 佑太さん、はじめまして。
      これから、誰にでもできるような仕事はどんどんロボットに置き換えらていくので、
      労働において特殊なスキルを持たない人の居場所は狭くなるでしょうね。
      その点売る力と信用を持っているひとはいつだって強いと思います。

  2. アキモトといいます。
    また、きました。
    僕は40歳ですが、自分が70歳になった時も年金は確実にもらえないと思います。
    ましてや、20代の人だと、年金制度がどうなっているかわかりませんよね。
    これからの時代は、自分で貯蓄していくほかないと思います。
    また、よらせていただきます。

    1. アキモトさん、いつもありがとうございます~。
      20で、50年後のことなんて、さっぱりです。
      貰えなかった時に文句をこぼしたところで社会は変わりませんから、
      もう貰えない前提で生きていくつもりです・・・。
      納付義務よりか、自己責任のほうがいいというのは本音ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)