海外にいる妹をビジネスにさそったらその日に仕事辞めて帰国を決意した件

こんにちは、おひさしぶりーです。
東京は今日めっちゃ暑いですが、朝はいつも通り公園で運動して、
軽い筋トレしてさっぱり。イイ感じの日曜日でござる。

 

最近、せどり面白そうだなーって思って、
関連書籍読んで勉強してたんですよ。
わたしはライターからのアフィリエイトに入ったので、
せどりの存在は知ってたけど全然やったことなくて。

 

面白そうなビジネスだし、初心者でもできそうだし。
わたしの好きな作業ゲーってイメージだしw
誰か雇って効率化できないかなーと考えてた矢先、
わたしはある人物がアタマに浮かびました。
現在オーストラリアで働きながら暮らしてる妹ですw
(ちなみに去年の冬会いにいきました)

 

妹は、オーストラリアにはもう1年以上住んでますが、
つい最近新しい土地に引っ越してきたばかりで、
仕事も新しく始めたばかりでした。(まだ働いて初日)

 

でも・・・一緒にやったら絶対楽しいだろ!
と思ったと同時にわたしは夢中でLINEしてました。
1時間くらい妹と喋った結果・・・・

 

まい「一緒にビジネスやろ!楽しいと思わない?新しい事始めたいんでしょ」
妹「いいよ!じゃあ今日仕事辞めてくる。1週間以内に帰国するわ」

 

決断はやす(笑)

 

ということで、妹はわたしとビジネスやるために帰国するそうです。
我ながら彼女のフットワークの軽さには感心ですねー。
「国外から」ってのがまたすごいんですよね。

 

普通、どんなに魅力的で興味が持てるものだとしても、
たいていの人は何かと理由を見つけて行動しません。
1つや2つの不安要素のせいで迷うだけ迷って。
行動そのものを辞めてしまうことなんてあるあるですよね。
海外だったらなおさらですよ。
「もう少し英語を上達させてから」とか、
「せめてビザ切れるまで」とか言うのが普通です(笑)

 

妹自身も「不安と迷い」があったと言っていました。
日本に帰ったら仕事はどうするのか?
本来英語を学びに海外に行ってたのに、戻ってきていいのか?
まあ、そう思うのが普通です。わたしだってあります。
問題はそこじゃなくて、そこからですね。

 

妹はこう言ってました。
「興味はあるけど、リスクが怖い。でも、そうやってやらないままで良かったことなんて1度もなかったんだよね」
お前・・・立派やな!って思ったのが正直なところですw

 

迷うときの不安要素のほとんどは「常識」によるものですね。
東大で成績優秀な医学部の生徒が「ビジネスやりたいから退学します!」
って言い出したら、ほとんどの人は反対するでしょう。
「もったいない」
「失敗したらどうするの」
「とりあえず医師免許とってからにしなよ」

 

そして、こういう周りの「常識的な」声を聞けば聞くほど、
「自分がやろうとしていることは本当に正しいのだろうか」と不安に思うようになり、
迷う時間が長くなればなるほど、やがて行動することを辞めてしまいます。
「本当はやってみたかったなぁ」って、
医者になって多忙な毎日を過ごしながら後悔するパターンもあるあるです。
(まあ、別に今からやって遅いなんてことは無いんですけどね)

 

これだけは言えます。行動しないほうが「ラク」です。

 

このままオーストラリアに留まって、
いままで通り働きながら英語を勉強するほうが、
日本に帰って仕事も決まってないのに、
ビジネスが成功するかどうかも分からないのに、
ただの姉の誘いだけで帰国するよりはるかに「ラク」です。

 

ラクしたらそのかわり、何も変わんないですね。
行動せず何も変えようとしない人に限って、
「刺激が欲しいな~」とか「変わりたいな~」とか言ってます。
はい、以前のわたしですw

 

反対に、行動することは、確かにラクではない。
けど、新鮮で刺激的なうえに、何かが絶対に変わるんですよね。
「行動する=変化する」といってもいい。
行動を起こさない成功者なんて聞いたことないw

 

もちろん最低限、生活はできないと困りますけど、
逆に言えば心配事はそれだけでいいです。
これまでの学歴が、とか、失敗したらどうしようとか。
生活の心配以外はくだらない心配事に分類してOK。

 

人間、ワクワクすることやんないと腐っちゃうよ!


p.s.

あ、それと「将来的にどっちが幸せになれる可能性が高いか」っていう話もしました。
幸せっていうか、自由とかでもいいんですけど。

 

たとえば、わたしの話をすると、
「このままバイトを頑張って社員になって、そこからエリートになって・・・」って頑張るのと、
「興味があるネットビジネスはじめて、自分で稼ぐ力を身に着ける」。
前者で仮にエリートになって給料も上がったところで、自由な時間などないです。
自分でビジネスやって会社に依存せず稼げるようになったら、自由万歳です。
わたしにとってどっちが自由で幸せな人生を送れるかって、後者です。

 

さっきもいいましたが心配事は「生活」のみ。
もちろん軌道にのるまでは副業でいいんです。
成功するかどうかとか、常識とか、そういう心配事はシャットアウトですw

 

そういう判断基準をもとに選択できると、
自分の思い描いた方向に自然と向かっていきます。

 

今回そのいい例が身近で起こったので、書いてみましたー。

 

ではでは。
\ぽちっと押してね!/


海外にいる妹をビジネスにさそったらその日に仕事辞めて帰国を決意した件” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)