勉強:実践のバランス

こんにちは。こんにちは。。

 

もうすぐ引っ越しするので、昨日はいろんなとこに移動してたんですが・・・
その間ずっと、人生で一番最強の腹痛に襲われていました。もう死、脂肪です。

 

わたしは部屋のレイアウトとか細かく考えないので、適当に持って行ってその場で考えた挙句スペースが足りない事に気づいて自爆するタイプのニンゲンです。今回はうまくいくといいな・・・

 

 勉強と実践のベストな比率?

起業する前後の段階って、こういう変なとこで悩んだり不安になることがあるじゃないですか。
まあ少なくとも私はそうでした(笑)

 

だから、具体的に自分がどうすべきかを示す指標というか、ちょっと手助けが欲しかったりするんですよね。(全部自分で出来るっていう自由度の高さにビビってるんだと思います。)

 

いま考えれば「そんなの気にするな、とにかくやれ」って当時の自分に言ってやりたいところですが、まあそれでも気にしちゃうもんでしょうし、今回は1つ体験談を。

 

以前書いた【勉強しすぎるとバカになる】という記事も関連しています。

起業する前段階で勉強ばっかりやってると、もうスーパー・エリート・ウンチク君な知識ばっかり身について全然行動できなくなるじゃないですか。

 

まあまさに以前の自分のことなんですけどね。
それに、起業したいと言っている人に会うこともありますが、

 

「いつ起業するの?」と聞くと、彼らの答えは
「もうちょっと勉強してから」・「今の会社で実績出したら」のどっちかなんだ、本当に!w

 

「今でしょ!」って言ってほしいです。。

 

勉強も実践もやるべき段階にいるとき、勉強してるのはなんだか知識がついていくようで気持ちいいんですけど、だらだら続けてると逆に不安になります。

 

自分に出来るかな・・・とか、余計な心配や迷いが生じます。

 

でもサクサクっと要点をおさえて、
「よしじゃあ今回はこれをやってみよう!」と実践に移せると、行動することが案外難しくないことに気付けて、自然と勉強・実践のバランスがとれるようになってきます。

 

そうそう、行動することが何かすごくハードルの高いことだと思い込んでる場合が多いんじゃないかなと思います。自分もしばらくそうだったし、そのせいか勉強ばっかりダラダラ。

 

でもいざ動いてみると楽しいし、勉強よりも学べることが多いんです。

 

じゃあ勉強しないでじゃんじゃか動いた方がいいかと言われると、
まあ勉強ばっかりするより、行動ばっかりしてるほうが発見は多いです。

 

でも、道をうまく進むために「足場を整える」のが勉強だと思っているので、
全く勉強しないとなると、足場が悪くてよくコケる。

 

そうするとニンゲンは弱いので、不安になったり、不可能を感じたりしてしまう。
諦めたら元も子も無いので、やっぱりバランスよく勉強と実践を繰り返すのがいいんですよね。

 

そのバランスを数字で表すとどんな比率になるか・・・
これは自分がやってきて思うんですけど、最もスムーズに進めたと感じるのは

 

勉強:実践=3:7 くらいです。

 

・・・いやこれほんとは気にするまでもないんですけど、
何もかもゼロから始める段階の時って、気にするんだろうな~。
自分がそうだったし、同じようにそこが不安な人にはぜひ知っておいてほしいけども。

 

さっと足場を整えて、がっつり進む。

 

勉強が多いほど足場が綺麗にはなるけど、いや・・・いつ進むの?ってね。(´・ω・`)

参考までに。

blackboard

\ぽちっと押してね!/


勉強:実践のバランス” への2件のフィードバック

  1. こんにちは~

    しょへです(・∀・)

    3:7。いい感じですね。
    あとは行動していることが全て勉強になりますし。

    情報を集めていると時間と労力を失うどころか
    どれが本当に正しい情報かわからなくなるのでいいことないです。

    行動が!大事!うん!

    応援していきますねん。

    1. しょへさんこんばんは。
      説明書読む前にとりあえず組み立ててみたほうが早かったりもしますからね(笑)
      あれだけ時間を費やして勉強した学校の教科も、すーぐ忘れちゃいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)