あなたは憧れの世界を見てどう思うか

どうもこんばんは。

 

今日は、地元の大分県から東京に越してきた両親の新居に初めてお邪魔。
わたしが憧れているタワーマンション(略してタワマン)生活を先取りされました。

 

階数は45階。スカイツリー・東京タワー、そして天気次第では富士山も見えるという素晴らしい眺望。
(写真無くてすみません)

 

コーヒー飲んで、L’arcのライヴDVDを65インチのデカいテレビで堪能してから、ひっさしぶりにドライブに連れて行ってもらいました。
上京してから少しも車に乗っていなかったので、好きな音楽をかけながらエンジンの音を聞くのが幸せ。

 

わたしは車も好きだしタワマンに住みたいし、というか家も建てたいしで、どうやらかなりお金が必要らしい。
両親には負けられませんね(笑)

 

自分にとって憧れの世界を両親は見せてくれたので、わたしも目標と夢だけは人一倍持っているのですが、わたしが生きてきた20年の間で気づいたこと。

 

同じ憧れの世界を見たとき、人が感じることは2パターンあります。
そしてそれぞれは同じ景色を見ているはずなのに、将来全く違う生き方をすることになります。

 

いいな~素敵だな、自分もああなれたらな~と羨んで終わる人と
なんて素敵なんだ。自分もそうなってやる!と目指す人です。

 

羨んで終わるなら当然、憧れが憧れのままで終わります。

 

でも、そうなってやる!という野望を抱いてしまった人は、その世界に行くために考え、行動します。

 

思い返せばいつだってそうでした。

 

私がタワマンに住みたいと誰かに話せば、
「いいな~。でも高そうだよね、そうとう稼がないと無理じゃない?」

 

将来ランボルギーニに乗る!画像を見せながら話せば、
「ヤバいね・・・かっこよすぎる。それいくらなの?」
「カッコイイよね・・・私が欲しいのは6000万円くらい。」
「え・・・無理だぁ~(笑)」

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-58

 

いや、いきなり6000万使って若葉マークをランボルギーニにつけるつもりはありませんが、
なぜ最初から無理だと思うのか疑問でした。
「サイコーだよね、自分もそうなりたい!」と言う人は、珍獣級にいなかった。

 

同じように憧れているはずなのに、感じていることは全く違う。

言葉にしなくても自分がどう感じているかは自分で分かるはずです。

 

憧れるものがあるって自分はすごく大事なことだと思っています。
自分の夢になるし、それを叶えるために必要な目標を立てられるし、それなしで生きてたら脳が思考停止して、すごい勢いで老ける。

 

よく高校生の時「あ~あ。何か刺激が欲しいな~」と言ってたもんですが、
別に自分から刺激を求めて動いたわけでもなく、刺激を待っているだけで何も起こらず、結局いつまでも同じことを言ってるだけでした。

 

2パターンの感じ方をどちらも経験したわけですが、
やっぱり自分は目標を持って動くのが好きだし、刺激的だし、楽しい。

 

ただ単に変化を恐れて、羨むだけで終わっているなら、それは本当にもったいないと感じた1日。

 

何が言いたいかと言うと、
わたしも今度引っ越すので、誰かランボルギーニください。

 

それじゃ。

 

\ぽちっと押してね!/


あなたは憧れの世界を見てどう思うか” への3件のフィードバック

  1. ランボルギーニを差し上げるだけの財力はございませんが、
    非常にためになる話をありがとうございます。

    前向きかそうでないか?捉え方でしょうね。

    タワマンとランボルギーニ獲得を応援しますね。

    私も負けられないですけど。。。(笑)

    1. コメントありがとうございます。
      うふふふ・・・
      お金を稼ぐっていうのはあくまで手段だと思っています。
      稼いで、そしてその先どう生きるか・・・そこにこだわりたいです。

  2. こんばんは!

    待ってるだけじゃ、叶いませんよね!
    そうしたいと思ったら、そのために行動する。
    行動した人だけが叶うチャンスを掴めますね。
    楽しい人生にしたいと私も思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)