アフィリエイトは10年前も飽和してるって言われてたぞw

こんばんわー!まいまいです。
さっきね、ちょっと残念なコメントが来てたんだけど、
意外とあるあるな不安要素だろうなと思ったから、言及してみよう。

 

まとめると「アフィリは今から参入したって遅い」って言ってたのね。
同じようにせどりに対してもそう言ってた。
ちょっと前まではすごかったと。

 

全盛期と比べれば何だって落ちる。
大半の人間が知ってるようになってから参入したって遅いのよ
ほとんど技術が要らない話は特にそう。
情熱がどうこうほざいたって、アフィサイトくらいちょっと調べれば誰でも立ち上げられるもんな
そんなんじゃもう儲からない
<中略>
あー雇われ奴隷辞めたい

 

これはよく言われてるよね。言いたい事は分かる。
もう飽和してるんじゃないかとか、もう遅いとかね。

 

でも面白いのはね・・・・
わたしはそのころ参入はしてなかったけど、
10年以上前にもアフィリはもう終わったって言われてたってことだ。
だいぽんさんとか、今の大御所がまだ始めたばっかりくらいの頃も、
もう飽和してるって言われてたくらいなんだよw
本当に飽和してて誰一人として成功できないって言うんなら、
だいぽんさんがあんなに名前大きくなるはずもないんですよ。

 

じゃあ、飲食店が激戦区の街中にお店を構えたからって、
「絶対に儲からない」って言いきれます?それは違いますよね。
激戦区のなかでも人気が出て、列を作るお店になる可能性だってあるんですよ。

 

ゲームとかもそういうのありますよ。
「もうFPS(シューティングゲーム)は大御所の面白いのが出揃ってるから、このゲームは流行らないだろう」
って、2年目も期待されてなかったゲームが、
予定されてなかった2年目どころか3年目に突入、
現時点で4年目も確定してるくらいに人気を集めてます。
ライバルが多い中で人気を勝ち取ったいい例ですよね。

 

いまからyoutuberやっても遅い?
そんなことはないですよね。
その人が魅力的で、面白い配信をしていたら、
固定ファンは必ずつきます。
わたしも、好きなyoutuberはいるけど、
パイオニア以外にもまだマイナーな実況者好きになったり、
最近始めたであろう駆け出しのyoutuberの動画も見たりします。
それでも普通に面白かったりするから、
これから人気出るといいね!って応援したくもなるしね。

 

結局は、その人がどういう信念をもって、
どういうやり方でビジネスするかなんですよ。
周りの数なんてどうでもいい(笑)

 

これほどまで飽和を気にしてる人はほぼ例外なく、
「ライバルを追い抜くぞ!」っていう意識は皆無に等しいです。
ここがもったいないしすごい残念。
「ライバルがいるから自分は諦めます」って言ってるわけだからね!
「ライバルを追い抜くぞ!」っていう意識で取り組めないなら、
そりゃあ上手く行くものも上手くいかない。
というか、「自ら上手く行こうとしてない」からw

 

実際はライバル云々じゃなくて、
自分だけの市場を作り出せば戦う必要もないんだけどね。
まあ今回はそれはいいとして。

 

斎藤一人さんの好きな言葉があって。
『やってやれないことはない、やらずにできるわけがない!』です。
できないって言う人はまず言い訳からしますけど、
成功している人たちは「どうやれば良いのか?」を、
失敗しながら学ぼうとするんですよ。
だから、無理だ無理だって言ってる人は、
そもそもチャレンジしたことないのに無理って言ってるパターンが多い。
もしくは、始めたけど上手く行かない気がしてすぐ諦めた、とかねw

 

わたしはアフィリ、すっごい魅力的なビジネスだと思うよ。
アフィリだけに留まってるつもりはないですけどね!
やりたいこと沢山あるもんw
しかも、少しも上手く行ってなかった頃も楽しかったしww
諦める理由を探したことは無かったし、
もう自分の重心を全部前にかけてたから、
そんな中途半端な事考えたことも無かった。

 

わたしが何か新しいことに取り組もうとしたときは、
自分にいつも「できるかどうかじゃなくて、やるかやらないか」ってアドバイスしてます。
やってみて、出来るようになって、
そのうえで自分に向いてるかどうか判断すればいいんですよ。
まだ出来るようにもなってないのに諦めたら、
それは本当に自分に向いてるかどうか判別できてませんからねー。
たいていは先に諦めちゃうけども。

 

本当に変わりたいなら、
出来るかどうかは考えなくていいです。
そして、飽和なんてのは幻想です。
それを改めて実感できたコメントでしたw

 

今日珍しく2記事も書いてる!!!!
あんなコメント見たら、
書かずにはいられないぜww
んじゃ、またー!

 

p.s.1個前の記事書いたあと、ラーメン食べてきた。
チャリで5分くらいのところまですいーっと!
二度目の訪問なんだけど・・・・麺が見えない・・・
味は九州人にウケるであろう、濃い味でうまいです。

そいじゃあまた。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)