世のため人のためを考えなくていい

こんばんみ。
かきぴーをつまみながらブログを書いております。

 

%e6%9f%bf%e3%83%94%e3%83%bc

 

「世のため人のため(に働く)」。
今日はこの話題なんですが、この言葉どう思いますか?

 

素晴らしい言葉だと思います。
でも起業する前も起業してからも、いまいちよくわかんなくて(笑)

 

まだ起業していない頃に「まいまいは何をして世のため人のために役立つつもりなの?」
というようなことをよく言われたのを覚えていますが、

 

その時からハッキリとはしませんが、何らかの違和感を覚えていました。

 

「え、そんなバカでかいことしなきゃいけないの?」って思ったかな。
少し人が良すぎるんじゃないかとも思ったね、正直。

 

その人も起業していて人間的にも素晴らしい人なのですが、
わたしは正直「自分のためでいいんじゃないの?」と思った。
だっていきなり「世のため人のため」って言って始めることは、
わたしにとって、例えばこういう風に映るんですよ。

 

自分は幸せではないけど多くの他人を幸せにする!!

 

もし、自分に有り余る幸せがあって、
それを分けるべく起業したり、働くのは素晴らしいと思うのね。
でも、自分も含め、きっと多くの人のスタートはそこじゃない。

 

だから最初は利己でいいと思うの。
単純に「お金!」とか、
普通の人が聞いたら「なんて強欲な!」と言われそうな、
自分勝手な目標で全然いいんですよ。

 

「自分のため」を素直に認めなきゃね。

それがなってないのに、人を幸せにするとか、無理!www

 

自分のためにやった事・できた事って、
単に私利私欲を肥やしているだけかと思われますけど、全くそうではありません。
結局それが徐々に、身の回りの誰かのため・全く知らない他人のため、と
どんどん大きくなっていくもんだからね。

 

世のため人のためって言えるほど、人間そんな立派か?って思うし。

 

自分が成長すれば同時に、誰かも成長させることができますからね。
自分の成長なしに他人を成長させることなんてできません。

 

たくさん稼いでる人間に対して「寄付しろよ」とか騒ぎ立てるネットユーザーもそう。
「いやお前がやれよ」ですよ。
でもなんでしょうね、日本人は「自分のため」だと言い切らない傾向にあるそうです。
(どこかの経済ニュースで、海外の企業が、世のため人のためっていう日本の理念が理解できないっていう記事を読んだ)

 

勝手に「自己中だ」っていう認識を持ちやすいのか知りませんけど、

 

「自分のためですよ」って。
潔くてカッコイイでしょうw

 

本心では自分のためなのに建前だけ「世界のためです」なんて、
そっちのほうがよっぽど嫌です。これはわたしの意見だけど。
だからまぁ、別に自分のためでいいんですよ。
わたしも自分の自由やお金のために起業を選んだこと否定しないし。

 

無理に自分を押し殺して「社会のため」って言っちゃってるなら、
わたしからすれば単なる綺麗事です(笑)

 

そんじゃ。

 

\ぽちっと押してね!/


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)