日付曜日に左右されない毎日

こんにちは。
最近、料理人化計画を実行しているまいまいです。

 

わたしは基本的に、料理しません。

 

出来ない訳じゃなくて、しないだけですよ?
得意料理はだんご汁・・・
1K/月10万円の極狭マンションの極狭2畳キッチンで料理なんてする気になれなかったの!!!(白目)

 

そんな極狭地から引っ越したので、広くなったキッチンで料理しています。

 

一昨日はカルボナーラ、昨日は数万年ぶりにカレーライス作りましたよ・・・・

 

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-21-18-12-36

よく作ってましたが、夏場に腐らせたことがあってトラウマになってました(笑)

 

カレーで好きなトッピングはダントツ1位でチーズですね。
2位に目玉焼き。みんなはどうかな(‘ω’)

 

 


 

祝日だ、やったー仕事が休みだ!という感覚が無くなる

 

わたしはガールズバーで働いたことがあります。(すぐ辞めましたけど)

 

するとまぁ接客相手は男性、特にサラリーマンが多かったのですが

 

金曜日や祝日が近い日は決まって「あ~、明日頑張ったら休みだ!」
土日など休みの日は「明日から仕事だ・・・」という会話が繰り広げられる。

 

バイト時代はむしろ土日祝が休みづらかったんですけどねw
学生の頃はわたしもあのサラリーマンたちと同じようなことを言っていたのを思い出しました。
(土曜日は学校でしたが)

 

明日から学校という事実は変わらないのに、サザエさんが流れ始めた途端にチャンネル変えたり、
月曜日はやたらテンションが低かったり(笑)

 

学生の時もバイト時代も、完全に日付曜日に支配された生活を送ってた。
でも、精神的に辛かったときは休日前に喜ぶ間もない。

 

「たった1日の休みのために頑張るの?」
「というかこの仕事頑張っていったい何になるの?」
「というか、何のために生きてるの?」

 

深い・・・闇が深い!

 

多くの人が同じストレスを抱えていると思いますが、
特に自由気ままに生きたいタイプのわたしはこの苦痛に耐えられなかった。
人一倍、自由に執着していると思う。

 

でも、起業して自分を自分で管理しはじめてからは、
平日土日祝っていうのが関係なくなる。
毎日が仕事であり、休みでもあります。
むしろ土日祝、外は人が多いから家で仕事してる、みたいな(笑)
世間とは逆転の生活をおくることも多くなったな。

 

休みとか仕事とかっていう区別もなくなったな。
やったぶんが自分のためになるから、休む必要もなく、休みたいとも思わない。
でも、ゲームもカラオケもやりたいから、やる。

 

学生やバイト時代とは正反対の価値観。。

 

まいまい理論のひとつに、
「仕事が嫌だ」というのは甘えなんかではない
っていうのがあって。
嫌だからやめる。これは甘えでもなんでもなく戦略的撤退(笑)
ただ、逃げてばかりでは成長しないから、自分なりに反省点も見つけたり、どうすればより快適に働けるかという分析もする必要があるんだけど、
赤の他人に甘えだとか言われて自分の判断を鈍らせる必要はないよ。
「嫌だ」とか「楽しい」とかは重要なサインだと思うから。
抜け出したいなら、そのために動けばいい。

 

それは別に難しいものじゃなくて、
まずはいつも自分のために行動すればいいだけの話。
誰かの都合で動いているなら、そのベクトルを自分に向けるだけです。

 

それじゃあ、今日は寝ようかな٩( ”ω” )و
いつも読んでくれてありがとうございます。

 

\ぽちっと押してね!/


2件のコメント

  1. まいまいさんこんにちは!
    ゆーろです
    まいまいさんは若くして起業なんて行動力があるなあと
    改めて感じさせる記事でした
    確かに平日学校だったりバイトだったりすると
    あーあとちょっと頑張れば休める~と言っている自分がいますしね

    でも世の中には不思議なもんで仕事だったり学業を心の底から
    楽しめちゃう人がいるんですよね
    そういう人の中にいると
    ふと、あーだるいとか言えないので困りものです

    では応援していきます~

  2. まいまいさん
    こんにちわ、KIKIです。

    得意料理が「だんご汁」なんですね!
    先日、別府で食べてきました。

    >「嫌だ」という本音がある以上は、
    >日付曜日に支配される現実が変わることはありません。

    確かにそうですよね!
    嫌な事を我慢して続ける事よりも、好きな事をするために行動する方が、絶対に自分のためになりますよね。

    僕も現在、副業としてアフィリエイトを行っているので、「日付曜日に支配される現実」が正直あります。

    脱却するためにも今後も自分のためにアフィリエイトをがんばろうと再度感じました。

    これからもがんばってくださいね!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)