返報性の法則

こんばんは。

 

今日はバレンタインデーですね。
家に帰ってみると地元の友達から怪しげな小包がとどいていて、
急に何だろうと思ったらバレンタインのチョコをわざわざ郵送してくれていたんです。
最近はバレンタインに力を注ぐこともなくなったので、うれしいですね。

 

袋を開けてみると・・・

 

 

見るからにネタ感満載な便箋と、
やはり見るからに怪しいチョコレートの箱が。

 

わたしは察しました。
この箱の中身が一体どんなものか。
何時なる時もギャグセンスの高い彼女が選びそうなものだ。
箱を開ける前に手紙を読むと、こう綴られていました。

 

”ここ最近ずっと会えていないので、
何かしようと思って「子豚」を届けることにしました。
可愛がってやってください。”

 

 

幸せそうやなおい・・・
今日は食べないでおこう・・・

 

彼女は高校の時の後輩で、結構仲良かったんです。
わたしがニートの時もよくあそんでくれました。
まだ卒業していないのでしばらく会っておらず、
こういう思いもよらないプレゼントというのはとてもワクワクしました。

 

わたしはすぐにこう思ったのです・・・
「ホワイトデーに何をあげよう!」

 

人は何かをしてもらうと、自分もお返しをしたくなるという心理があります。
返報性の法則って言ったりしますね。

 

ビジネスでいえば、
「無料でサンプルをお試しください」
「お気軽にお問い合わせください」
こういうサービスをお客に与えることで、
「うわぁ、こんなことしてくれるんだ!」
と無意識に反応し、もし期待以上の満足を与えることが出来れば
「買ってみよう」と次のステップも踏んでもらう可能性があるってこと。

 

チョコをくれた後輩のように、
不意打ちで喜ばすことのできる人は本当に素晴らしいなと思います。
見習わせていただきます。

 

ということでわたしは、ホワイトデーに倍返しですね。

 

それでは今日は短いですが、これで。

 

\ぽちっと押してね!/

 


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)